ツルムラサキのピリ辛炒め〜夏野菜の季節ですね

先日、お世話になっている農家さんに会いに行ってきました。

カネヨシの醤油の搾りかすを使って堆肥を作っている農家さんです。基本的に農薬は使わずにお米を育てていて、カネヨシ醤油で使っている米麹用のお米も分けて下さっています。

 

「今の季節は葉物野菜が少ないからね。」と言いながら分けて下さったのはツルムラサキ。ヒトクセあるお味ですが、「ヒトクセ」がいつしか「クセ」になる、栄養満点の大人なお野菜です。シンプルに、サッと茹でて刻んで、酢と醤油でいただくのが私の定番。酢の力で、クセのある味が緩和され美味しくてべられます。

でも今回は、農家さんが「炒めても美味しいとよ〜。」と教えて下さったので、炒めてみることにしました。

 

温めたフライパンに多めのオリーブオイルを馴染ませたら、弱火にしてニンニクのスライスと生姜の線切りを炒めます。ニンニクの香りがたってきたら、粗挽きか輪切りの唐辛子を入れて、辛さ旨さをオイルに移します。

食べ易い大きさに切ったツルムラサキを、根元の太いところから順番に時間差で入れ炒め合わせていきます。

途中、みりん、塩、胡椒、隠し味程度に少量の酢を加えてさらに炒め、仕上げに醤油を回しがけて馴染ませ完成です。みりんと唐辛子は多めに使った方が、甘辛で食が進むと思います。

農家さんは卵炒めも美味しいヨ!とおしゃっていました。野菜嫌いの方にはオススメしにくい?お野菜ですが、お野菜好きな方は試してみてください♩