自分で作ってみるということ

壺ダレを使ってかぼちゃの和え物

もらったカボチャをキッチンで切理、タネ採りをしておいて、ベランダでトレーに種まきをしたのは昨年春。

 

トレーで苗を少し大きくしてから、草をかき分けた地面に植え付けたあとは、放ったらかし栽培。農薬も肥料も無し、酷暑の夏でも全く水を与えず、草刈りは手刈りで3回だけ。剪定・人口受粉はせず、誘引は最小限。でも、育つんですね。花がたくさん咲いて、カボチャが4つできました。

草が人から水を貰わなくても生きているように、適度に保水できる土壌と丈夫な植物!

大雨の日もありましたが、カボチャは大雨に当たっても、病気せずに育ってくれました。

 

収穫後、さらに熟成させてからカボチャを割ってみると、ものすごく肉厚でサラダ用カボチャのような肉質だったので、試しにそのままスライスして食べてみると、キメが細かくパリッと甘くて美味しい!

壺ダレを使ってかぼちゃの和え物

先日作った壺ダレで、和えることにしました。先日の壺ダレの記事「自分だけの育てる調味料」こちら。

カネヨシ醤油を使ったハンドメイド調味料 壺ダレのその後

↑現在の壺ダレ。使いながら柚子や山椒、青唐辛子を足したり、生醤油を継ぎ足したりでこんな様子。

カネヨシ醤油を使った自作調味料壺ダレを使ってかぼちゃの和え物

スライスしたカボチャに揉み込んで、常備菜を作りました。

育てたカボチャと、育てた調味料のコラボ⭐️

 

自分で作ってみるとたくさんの発見があります。

一粒の種を通して自然の営みや偉大さを垣間見てみたり、発酵を通して見えない世界に思いを馳せたり。

小さな子ども達が、自分でどんどんできることが増えて行くのと同じように、大人になってもできることが増えていくんだということ。やったことのないこと、思わぬ経過、見たことない結果にワクワクする。発酵も植物も、毎回同じにはならないところが一番面白いところなんだと思う。

 

・・でも醤油の味が毎回全然違ったら、びっくりされるだろうなぁ〜😅